みやびあん

日常のどうでもいい話をぶつぶつ言います。たまに、胡散臭い話もします。

映画:グリーンブック & ヘルプ 心がつなぐストーリー

映画2作品をみて思ったこと。

●ヘルプ 心がつなぐストーリー

原題:The Help 2011年 アメリ

●グリーンブック

原題:Green Book 2018年 アメリ



先にヘルプを見てたんですが、1950年から60年代のアメリカ南部が舞台になっています。

アメリカ南部は、この時代、黒人差別が根強く残っていた地域だというのは、何となく知っていました。

その差は北部とは雲泥の差だったようで…。
根っこには北部は黒人の下働きがいなくても成り立つような社会の仕組みが確率されていて、南部はそうではなかった…と、まぁこんな単純な話ではないんでしょうが。

そして、南部でもこの年代は
「知識人」「上流階級」の人達は、あからさまな黒人差別をするのは、恥ずかしい事。となっていたようです。
表面的には。

「ヘルプ」は、当時の黒人女性は、白人の上流階級の家で召使いとしての雇用くらいしか仕事がなかったらしいですが、その召使いとして働いていた女性達にスポットが当たっています。

黒人差別なんてしてませんよ。と表面的につくろいながら、でも黒人とトイレや食器を一緒に使うの絶対に嫌。という感じだったみたいです。

しかし中には、召使いに子供を任せっきりの親もいて、子供も親よりも当然、面倒をみてくれた黒人女性に懐きますし、その差別意識自体が許せない!となる人もいて。

ヘルプでは、そんな白人女性が、秘密裏に黒人女性からアンケートを取って本にし、差別主義者達をギャフン(古)とさせる映画なのですが。

また、グリーンブックは、北部で大成功している黒人のピアニストと、イタリア系白人の運転手の友情物語…みたいになってますが、このグリーンブックが、もう。
久々に、超感動しました。
これだけで1000文字書ける(笑)

でもねーwikiで調べたら、やはり映画的脚色が濃かったようですね…。
でもでも映画のストーリーや次第に打ち解けていく主人公達の描写とか表情とか。

上品で洗練されてて超真面目な黒人ピアニストと、下品で(笑)マナーも言葉も悪い白人運転手とのやりとりの素晴らしさ。

いや、ほんと素晴らしい映画でした!
事実とは若干、違うとしても。
のめり込んで観てしまった。
アカデミー賞助演男優賞脚本賞を取ってます。

で、北部にいれば3倍のギャラで安全に演奏できるのに、あえて差別の激しい南部へ旅に出るのですね。

グリーンブックとは、黒人が安全に泊まれる宿が記載されている本なのですが。

やはりあからさまに差別されるんですよ。

この黒人ピアニストの表情が固いわけ。
上流階級の白人の前で演奏して終わったあとの張り付いたような笑顔。

の意味が次第にわかってくるんですが、もう胸が痛かったです。

こういった作品がアカデミー賞などで受賞されたり、絶賛されると、必ず「白人の救世主」という言葉が出てきます。
意味はググッてください(笑)

で、私たち日本人も黄色人種と言われてますが、なんてゆーのかな。

どこいってもどの時代でも差別や偏見て必ずあって。
今でも隣国を激しく非難する人もネットにはたくさんいて。

ぶっちゃけその心理が、私にはよくわからないんです。
だからといって、やめなはれや、という気もないです(聞かないやろし)
同じ人間なのになぁ…。

人権問題や宗教なんかは、これぞ真実!と、強固に思い込みやすい分野みたいで、偏った思想って怖いな…と思わずにはいられず。

そうならないように、自戒していこう。と、こういった映画をみる度に思うのでした。

いろいろ

スーパーウルトラどうでもいいね!のお時間です。

いや、自分のブログやし好きに書くわ(笑)

やっと髪切ったー!スッキリ。
前髪つくっタノ。
前髪があるの鬱陶しい!てなるから、ずっとワンレン?やってんけど。

もう、アホ毛と白髪とハゲに負けた。
10センチくらいあっても、自立してルノ。
私のアホ毛、ゼログラビティ。
ここだけ異空間なのかな。
お願い、異次元から帰ってきて…。

あとね。この前の日曜日。
友達とお茶してたんやけど、ついでに映画でも観る?って、AI崩壊みてきたよ。

邦画を語るとき、なぜだろう。
上から目線になってしまうの。
「うん。邦画にしては頑張ってた」が、感想でした、ごめんなさい…。

ストーリーの本筋は、有り得るな。て感じやってんけど。
ロケ多かったし、あんまりCG使ってないねんて。

あとWOWOWで録画みました。
で、以外にかなり面白かったのが

シャザム!!

スーパーマンとかバットマンのDCコミック系列で、DCは私は…あんまり合わないなと思ってたんやけど。

スーパーウーマンが思ってたんとちゃうくて、めちゃ好きやった。
6月に続編やるから、これは観よう。

で、シャザム!も予想外に面白くて、声出して笑った(笑)

ヒーローもんて、まず衣装がおかしいやん。
その辺の違和感から、昔はあんまり好まなかったんやけど、最近は、映画の中でキチンと突っ込んでくれるので何か安心して観れるのかな?(笑)

ちなみに発音は「ザ」を強調。
シャムです。

あとシンプル・フェイバーて映画。
眠いけど何か軽いヤツ観たいなって、コメディかなってみてみた。
途中から、めっちゃサスペンスやって目が覚めた(笑)
軽快で、重さがナイ秀作でした。

あとね。最近、点描画もどきしてまして。

友達がプロの域でやってるんやけど、下絵を貰ったのデス。

ほんでやってみたらねー。
これが面白いのー!

点描て、てんてんてんてしてる時に、うあーー!!!てイラつくかなと思ったら、あら不思議。

少しずつ形が浮き上がってくるのが楽しい!!
あと、脳が休まる!

これ、ZENの呼吸とかと合わせたら、凄いリラックス効果あるなと思いました。

が、毎日、寝る前の15分から30分だけやるようにしてて、既に眠いので、呼吸法までたどり着いてない(笑)

瞑想って、集中系でも覚醒系でも、やっぱりある程度の集中力はいるなと思った(眠いと出来ない)

これねぇ…全部、隙間を埋めなくてもいいんだなって、後から気づいた。
余白を残したくない女(笑)

ここまでが1番キレイやったな。
完成したやつ、描き込みすぎて、恥ずかしくて載せられない(*/▽\*)キャッ

Pinterestとかで、点描画みて、すげええええええ。てなってる。
あの域になるのに何年かかるのか(笑)
まぁ合えば続くであろう←飽き性

Oちゃん下絵と指導ありがとう❣️

新型ウィルス

珍しく時事ネタ。

単なるオバハンの単なる感想であるので、何の根拠もない事は最初にお断りしておきます。

凄い事になってますね…。
そして多分、もっと凄い事になっていくと思います。

「新型」であるという事は、このウィルスの抗体を持ってる人は人類にはいないという事だよね。

爆発的な感染者の増え方をみてれば、合点がいきます。

多分、私もこれは避けられないんじゃないかなって思う。

現時点で致死率が10%※ほど?みたいですが、まだ毒性が低いようなので…。
※すみません。2/14現在で平均2%くらいのようです💦

変異して凶悪化する前の、毒性の低い今のうちに感染してしまった方がいいような気がする。

これからワクチンつくるの、突貫工事しても、このまま行けば、年単位の流行になるんじゃないかなぁ。

幸いだなと思ったのが、子供や若人は、ほとんど発症してないらしいという事。
(たぶん、感染はしてるんやろうけど)
子供は未来。たくましく育って欲しい(うちおらんけど)

やみくも恐れたりパニック起こしても事態はかわらないのでー。

まずは出来ること。

マスク、手洗いは、今回の件でなくても今時期は必須ですね。

あとは免疫をあげる事かなー。

出来ること少ないなー。

まぁいくら注意してても、

なる時はなるよね。

と腹をくくります。

もし感染したら新しいウィルスの免疫GET!

とでも思っておこう。

それで(´°ω°)チーンしてしまったら、寿命やと思うしかない。

どなたかのブログで読んだんだったかな。
余命宣告されるような病気になったり、死にそうな時。

何歳になっても、どのタイミングでも

「いまじゃない」感があるものだ。

みたいな言葉を読んで、なるほど。
と、思いました。

上の方で悟ったようなカッコイイ事いってるけど、その時になったら、ジタバタするんやろうな(笑)

そらするわ スンッ( ˙꒳​˙ )

ブログ内の画像の無断転載はご遠慮ください。©miyabi