読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みやびあん

LINEスタンプ販売中です。LINEスタンプ関連や、日常のどうでもいい話をぶつぶつ言います。たまに、胡散臭い話もします。

グッド・ライ ~いちばん優しい嘘~

映画の感想

LINEスタンプ発売中♪
store.line.me
store.line.me
store.line.me

上映中の「グッド・ライ ~いちばん優しい嘘~」観てきました。

 

ざっくりあらすじ。

スーダンの内戦で、難民になった子供たちが、ケニアの難民キャンプを目指して1000キロ以上の道のりをサバイバルしながらたどり着きます。

13年後、主人公達は運よくアメリカへ移住する事ができました。

異文化にどまどいながら、内戦のトラウマを抱えながら、でも支援してくれる優しい人にも恵まれ、生活していく。

というストーリーです。

 

ざっくり感想。

前半部分は、ぶっちゃけ重いです。

「子供が大変な苦労をしている」という部分で、まずホロリときます。

(映画は、丸きり実話ではないですが、ベースのお話はノンフィクションです)

渡米後は、異文化の日常生活をコミカルさも交えながら軽快に描いています。

ラストは、ハッピーエンドかどうか。

観ている人によって捉え方が違うかなと思いました。

そして、このラストで涙腺が崩壊しました。

 

演者達は実際のロストボーイズ(難民)やロストボーイズの2世だったりします。

生きる事に必死な時は、死ぬ事など考えられないという事。

日本が今これだけ経済大国になったのは、「教育」を徹底したからなんだろうな。

でも、文明も膿んでしまうと、またこれはこれで自殺とかいろいろ問題あるし。

 

とか。いろいろ考えさせられました。

テーマは重いですが、後味は、私は良かったです。

先進国に生きる人達に、幅広く観てもらいたい。

そんな映画でした。

文句なしに名作だと思います。

 

まだ劇場公開はされていますが、回数がどの上映館も激減している・・こういった題材は、ロングランは難しいのでしょうね。

気になる映画だなぁと思った方はお早めに!

映画を逃しても、レンタルでもいいから、ぜひ観てほしい作品です。

 

http://image.eiga.k-img.com/images/movie/80402/poster2/200.jpg?1422585977

 

ぽちっとお願いします♪


ライフスタイル(全般) ブログランキングへ 

ブログ内の画像の無断転載はご遠慮ください。©miyabi