みやびあん

LINEスタンプ販売中です。LINEスタンプ関連や、日常のどうでもいい話をぶつぶつ言います。たまに、胡散臭い話もします。

猫のくしゃみ、鼻水に

猫風邪ウィルス(カリシ、ヘルペス等)は、子猫の頃に感染すると、一生そのウィルスは、目、鼻、口腔内などの粘膜に悪さするらしいです。

うちの子ももれなく全員、多分持ってます。
出る場所は、個体によって、季節によって違います。
長男は主に目、次男はクシャミなどに顕著に症状が出ます。
末娘の歯周病の原因も猫風邪ウィルスではないかと睨んでます。
miyabi-16.hatenablog.com

このクシャミ、鼻水ですが、こじれると鼻が詰まってきて、食欲をなくしグッタリする
→病院で、抗生剤、インターフェロン(抗ウィルス薬)、ビタミン剤を入れた点滴を受ける事になります(軽く1万円近くは飛ぶ。その代り翌日には大体ケロリと治るので、心の中で魔法の点滴と呼んでいる)

・・大変ですよね、猫を病院に連れて行くの。
まずキャリーケースに入れる格闘から始まり・・(略

次男は、保護当時くしゃみが酷く、ネブライザーで気管支拡張剤のような薬液を霧状にして吸引させたりしてましたが、費用も手間も莫大になってきていました。
何より行き帰りはもちろん、病院にいる間もずっと怖がって叫んでいる次男が可哀相だったので、何かないか・・と、ひらめいたのが

ゲンタシン(抗生剤入り目薬)にインターフェロンを仕込んだ物を点鼻する。

でした。
インターフェロンの効果は、常々凄いなと思っていたので、「これってどう?」と先生に聞いたら「ああ、いいかも!」ってんで、動物病院で作ってもらってます。
インターフェロン含有の目薬は売ってないと思われます)

これが効果絶大。
クシャミがひどくなってきたなと思ったら、1日2~3回、鼻に垂らす事、数日やってると風邪がこじれません。(アカン時もありますが)

ちなみに病院によっては、作ってもらえなかったりします。

目薬の中身を少し出して、インターフェロンを注射か何かで仕込んでいると思われるので、手間がかかるからかと。
あとインターフェロン(インターキャット=抗ウィルス薬)はたぶん、1バイアルとかいう単位なので、半端に開封したくないとか、あるのかも?確かめたわけではないので、サダコではありません。

もちろん目にもさせますし(本来は目薬である)1度に2本作ってもらって、半年くらいは持ちます(冷蔵庫で保存)
費用は、前は1本1000円だったはずだけど、この間いったら1500円に値上がりしてました・・でも病院かかるより安いし、何より病院へ連れて行くストレスが飼い主共に軽減されるので、重宝しています。

これのお蔭で、病院通いが激減したので、病院にとっては痛手でしょうけど、それをわかってて出してくれる病院に感謝です。
ありがたや。

※ちなみに次男は、特定の抗生物質(オーグメンチン、クラブラン酸カリウム、アモキシリン水和物錠)にアレルギー症状?(吐く、グッタリする)があるのですが、ゲンタシン目薬は大丈夫でした。

クシャミ、鼻水、目ヤニでお悩みの飼い主さんがいらっしゃいましたら、ご参考までにどうぞ。

f:id:miyabi-16:20151215030029p:plain
LINEスタンプ「ねこぢ。顔文字を体現」

ランキング参加中です。モチベーション維持にご協力くださると嬉しいです(*^_^*)

LINEスタンプ販売中です。良かったら覗いてみて下さい♪
↓こちらからは現金でご購入いただけます。
LINEクリエイターズスタンプ-みやびあん

コイン購入の場合は「LINEアプリ内」の検索タブ、もしくはLINEスタンプマーケットにて「みやびあん」で検索してみてね♪
(クリエイターズの方です)

ブログ内の画像の無断転載はご遠慮ください。©miyabi