みやびあん

LINEスタンプ販売中です。LINEスタンプ関連や、日常のどうでもいい話をぶつぶつ言います。たまに、胡散臭い話もします。

映画:インデペンデンス・デイ: リサージェンス IMAX 3D 字幕版 ネタバレ感想

2016年 アメリカ


7/9に公開されましたね。すぐ!すぐに行きたかったんですが、諸事情で7/21にIMAX 3Dにて鑑賞いたしました。

早く観たい!って日々思ってたんだけど(期待しすぎちゃダメだ…期待しすぎちゃダメだ…)と、心に言い聞かせて…は…いました。

でもねぇ。やっぱり待った分、期待しちゃうよ(笑)

あらすじは省きます。

まず1996年公開の1作目の感想から。

いや、おもろかった!普通におもろかった。これぞ娯楽作品!

でもねストーリーがね?UFOが地球の衛星を使って通信してるから、母船に乗り込んで、コンピューターウィルスを直接仕込んでシールドをとく?なにそれヘンだよ・・とか

こまけぇこたぁいいんだよ!


と、言わせるパワーが1作目にはありました。

これは、人間ドラマがしっかりしていたので感情移入がしやすかったのと、巨大UFOなどの映像の斬新さなんかがあって、主導権がアメリカなのもヘンかなと思ったけど、まぁ世界各国の軍事費予算をみてもアメリカがダントツでスゴイので、実際にこんなんなったら、やはりこうなるかもしれんな。
なんて、思わせるパワーがね、あったよね。

1作目は劇場では観てませんが、テレビで放映されたらまず観ちゃうってんで、もう何度も観てます。

そして、アル中おやじが特攻するシーンで必ず泣きます(笑)

このおやじの家族とのストーリーとか、大統領家族、ウィルスミス演じるヒラー大尉の家族とか、ジェフ・ゴールドブラム演じるデイヴィッドとその父親とかの人間関係をしっかり描きつつ、世界各国が一丸となってグワーッと盛り上げていく感じ。が、すごい好きです。

監督はローランド・エメリッヒ

監督作品みたら

ホワイトハウス・ダウン
デイ・アフター・トゥモロー
紀元前1万年
2012
GODZILLAゴジラ

なんかがありますね。
ここに挙げた作品は、観て普通に「おもろかった」と思った作品なのですが、この監督、けっこう叩かれてる?(笑)
まぁ、色々と、ぶっ壊すのが好きな監督さんみたいですね。
うん、嫌いじゃない(笑)

で、今回のリサージェンス(意味は復活とか再起とか)ですが・・・。

さて、感想です。その前に

IMAXのオープニング画像がスゴイ

本編とは関係ないんですが、これから始まるよーってIMAXのオープニングというか、イントロというかカウントダウンがスゴイんだなと、今回しみじみ思った。

www.youtube.com

アナログの⑩⑨…てカウントダウンしてってからの、超クリアで鮮明なIMAX画像で数字が飛び出してくる(3Dだと)のには、もうワクワク感が止まらない。

そして音響。音も超立体的。
例えば、ゴゴゴゴッーっとか爆音がする時あるでしょ?この時に、この音の衝撃波?で実際に座席が揺れたりします。
奈良の大和郡山IMAXシアターは、下の階がユニクロなんですが、ユニクロをも揺らします(笑)

コレでまた盛大に期待しちゃったよね。

本編感想というか、突っ込みどころ。

公開初日に観ていれば・・・。

と、思わずにはいられなかった。期待しすぎちゃったから、うーんてなった。って思いたかった(笑)

まずね、人間ドラマうっすい。
主人公だれ?って感じになっちゃってて。
ヒラー大尉(ウィル・スミス)が続投しなかったのは、有名になりすぎて出演料が高かったからとか。

結局、存在感を出していたのは、1作目から続投している人達だったかな・・。
前大統領とか、ディヴィッドとか。

ただし、UFOが出現してから、地球に着陸するまでの数十分は、圧巻でした。

いやいやいやいや・・・って、心の中でずっと言ってた(笑)

いやいやは、ニュアンス的には、うわっ!(゚д゚)!のイヤイヤね(笑)
これは、本当にすごかったですよ。期待値を上回ってました。

ここから容赦なく突っ込んでいきます。

・地球を襲ってきたエイリアンと戦っているレジスタンス的な宇宙存在というか球体。
白いGANTZ玉に見えて仕方なかった。
いや、こんなん思ったの、私だけだと思うけど(笑)

・相変わらずデイヴィッドの感が良すぎる件

・反重力推進が可能になっているのに、車は今と同じ(防衛費に費やしすぎて、予算が回らなかったと思っておいた)

・エイリアンが地球に来るのは、地球のコアをエネルギー源として取り込んで、ついでに地球を滅ぼしちゃおう!って事らしいけど、そもそも反重力なんかが可能なくらいだから、反物質とか何とかも解明されてて、エネルギー問題は解決してないのかな?え?あれ?

・白い球体(私いわくの白いGANTZ玉)は、地球では全然解明されてない物理とか量子力学なんかをすべて解明するほどのテクノロジーをもっているのに…(略

・エイリアンの女王が、もはやGODZILLAゴジラ

なんて感じでした。

デイヴィッドのお父さんの不死身さというか運の良さ具合なんかも突っ込みたいところですが、あれはあれで、ほのぼのしたので、私的にはアリです(笑)

って感じで、脚本どうしちゃった!?監督もそれでOKだったの!?って。

あと、画面がゴチャゴチャしすぎてて・・。
IMAXは、画面がデカいので、字幕が一度に目に入りません。
ほんの少し目線をずらさないと読めないのね。

で、月基地なんかのデザインが凝りすぎてて、もういろんな情報が一度に入りすぎてて、ついてくのがちょっと大変だった(字幕を一瞬で読む集中力が必要でした)ので、潔く吹き替えの方がいいかもしれません。

吹き替えなぁ・・演技に演技を重ねてるから違和感しか感じなくて、好きじゃないんだけど。

でも、通常版か?IMAXか?と聞かれたら、やはりIMAX押し。
さらには、2Dか?3Dか?と聞かれたら・・3Dはいらん(笑)
この作品は、特に3Dの意味はなかった気がする。
けど、たぶんIMAXはもれなく3Dじゃないかなと思うので、あればあったで、UFO出現のド迫力シーンは楽しめるかと思いました。

それにしても、ジェフ・ゴールドブラム年取ったなぁ・・63歳かぁ。
ザ・フライ(ハエ男)の時から好きなんだよねー。
この人、すごいスタイルいいの。スタイルというか頭身というか、骨格がとてもキレイ。
シュッとしてるとは、まさにこの事。
後姿のシーンがあったけど、相変わらずシュッとしてました。

な、感じで大絶賛はできひん!嘘はつけへん!けど、久々のSF超大作だったので、見に行くまでのワクワク感を存分に楽しめたという意味では、とても良かったです( ´∀`)bグッ!

f:id:miyabi-16:20160809032808j:plain


LINEスタンプ発売中です。
よかったら覗いてみて下さい。(アプリはコイン、ストアは現金で購入いただけます)

store.line.me

ブログ内の画像の無断転載はご遠慮ください。©miyabi