読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みやびあん

LINEスタンプ販売中です。LINEスタンプ関連や、日常のどうでもいい話をぶつぶつ言います。たまに、胡散臭い話もします。

猫の膀胱炎・ストルバイト結晶に

8歳になる三男が膀胱炎を繰り返します。
この数年、この膀胱炎との闘いにて、詳細を書いていくととんでもない長文になるので、なるべく簡潔にまとめ・・てみます(^^;

見出し一覧
結局長くなってしまったので・・見出しを最初に書いておきますので、必要なところだけ拾い読みしてください。

追記※
明らかに目に見えるような血尿や、食欲不振、元気をなくしたりしてる場合は、必ずすぐに病院に行って下さい。
うちの場合ですが、膀胱炎に限らず、まず丸1日ご飯を食べない、いつもより元気がないなと思ったら病院に駆け込みます。
素人判断ではキケンな場合も多々ありますゆえ。

1.猫がオシッコの粗相(そそう)をしたら、膀胱炎かストルバイト結晶を疑え
2.膀胱炎の判断、特徴
3.膀胱炎・ストルバイト結晶の治療
4.らちが明かない
5.サプリメントに走ってみる(効果のあったサプリの紹介)
6.救世主現る(効果のあったサプリの紹介
7.トイレの工夫
8.粗相(そそう)の後処理-オシッコ匂い取りの救世主
9.追記の注意点 乳酸菌との併用
10.統括

1.猫がオシッコの粗相(そそう)をしたら、膀胱炎かストルバイト結晶を疑え

それまでちゃんとトイレでしていたのに、ある日から布団やお風呂場などにオシッコをしたら、泌尿器系の病気になっている場合があります。
まずはオシッコを採取して病院に行きましょう。
猫のオシッコ採取は困難を伴いますが、多頭飼いではない場合、すのこトイレのトレーの部分にお肉などが入っていたプラスチック容器をキレイに洗ったものをセットしておけば、それで採取できます。
オシッコを入れる容器は病院であらかじめもらっておきます。
病院によっては、棒の先端に綿がついてるオシッコキャッチャーみたいのがあります。
お玉でキャッチする人もいらっしゃるようです。
採取してすぐに病院に持っていけない場合は、冷蔵庫にて保存。
それでも8時間くらいが限界みたいです。

オシッコ採取が難しい場合は、直接、ターゲットにゃんこを病院に連れていきます。
膀胱をグッと押して出す場合と、カテーテルという管を尿道に差し込んで取り出す場合があります。

尿は遠心分離機にかけてから、顕微鏡でみるそうです。
ストルバイト結晶は、数千円の顕微鏡の「100倍」で合わせても見えます(ただ気泡が入ってたりするので素人には判断が難しかったりしますが)

なので、粗相したら、とりあえず怒る前に病院へ行ってくださいね。
本人もやりたくてやっているのではないはずなので。

2.膀胱炎の判断、特徴

抗生物質を飲ませると、スっと粗相(そそう)がなくなります。
人間でもそうですね。

うちの三男は、3~4か月ごとに繰り返すので、一度、原因菌を特定しようと培養検査に出しましたが、キャッチできませんでした。
猫の膀胱炎は、必ずしも菌が由来しているわけではないといわれていて、今もなお、原因不明の場合が多々あるようです。

ストルバイト結晶も出ていたので、処方食を食べさせていましたが、多頭飼いの場合、それも難しかったりしますよね。
食べてほしくない子が食べてしまったりするので。

獣医さんたちはオシッコのPH(ペーハー)を重視します。
PHがアルカリに強く寄っていればストルバイト結晶、酸性に強くよっていれば結石の危険があるといわれています。

三男の場合、病院に連れていくと大体PH6.8を超えています。
あと、菌は顕微鏡では見えないけど、白血球が出てるから、膀胱炎だねってことで、抗生物質が処方されます。
一度、エコー検査をしたら、血餅(けっぺい)という血の塊が膀胱内にありました。
これは、自然に排出されました。

ただPHは、一日のうちでも上下するので、そればっかりに神経質になっても、どうかなって気がしないでもないんですが・・。

3.膀胱炎・ストルバイト結晶の治療

もれなく抗生物質が処方されます。
期間は大体、1週間から長くて1か月とか。
そんなに長期間飲ませて(;・∀・)ダ、ダイジョウブ…?とか思うんですけど、獣医さんいわく、猫は抗生物質では、そうそう腎臓にダメージは出ないとは言っていたんですが・・。

あとは、PHを調整する処方食という猫餌をお勧めされます。
ヒルズのc/dか、ロイヤルカナンのPHコントロールが主流ですかね。

食べてくれればいいんですが、食べない場合・・。
ストルバイト結晶や結石の何が怖いって、尿道に引っかかって、尿が出なくなる尿毒症が一番怖いそうです。
1日オシッコが出ないと、かなりやばいらしいです。

なので、どうしても食べない場合は、時によって・・男の子ならチンチンの先っちょを切って広げる手術をする場合があるようです。

あと、水分の摂取を増やしたら治ったという場合も多いようです。
カリカリは水でふやかしてあげたり、手作りご飯にしたら治った!という記事をよくみました。

・・うちは、どっちも食べませんでした!
飼い主の根気も続きませんでした!

ウェット(缶詰)は食べますが、総合栄養食の缶詰や処方食の缶詰も食べるには食べるんですが、1缶を食べきれない→冷蔵庫で保存→したら、もう食わない
ので、毎回、ほとんどを捨てることになり、モッタイナイ。
缶詰を食べる子は3匹いるけど、小さな缶詰を3匹で分けても、食べ残したりするので、モッタイナイ。

これも、ドライフードを出しっぱなしにしているズボラな私のせいです・・。
決まった時間に、決められた量だけあげるようにしたら、腹減ってるから、ちゃんと食べるんでしょうが・・。

長男猫の時代からトライはしてみたんですが、クレクレ攻撃にまけてしまって以来、出しっぱなしの習慣なので・・。
5匹体制になってからも何度もやってみたんですが、トシをとって食に興味をなくした長男が、どんどん痩せていくので(前日の口内炎とは別で)元に戻しました(長男の体重も戻りました)

はい。言い訳です、すみません。

※普通の缶詰は、一般食といって、ほとんどが水分のみでビタミンとか必須栄養素は入ってません。
 缶詰しか食べないという子は、気を付けてあげてくださいー。
 缶詰の裏側を見ると「一般食」とか「総合食」とか書いてあります

4.らちがあかない

膀胱炎を繰り返している子を持つ母は、もう、らちが明かない・・と、思っているかと思われます。
はい。数か月ごとに病院へ連れていくのも猫にとってもストレスになるし。
流れとしては、病院で尿採取→処方食、抗生物質投与→再び、尿がきれいになっているか、尿を採取

という事で、2回行かねばなりません。
オシッコが自宅で確実に採れれば、連れていくストレスだけは軽減できるんですが・・。

で、病院に直談判して、申告した時に抗生物質だけクレとイイマシタ。
もう何度も再発しているし、検査もしつくした。
結果、抗生物質を渡されるだけなので。

でも抗生物質は、人間の規格では必ず処方が必要になりますので、そこは犬も猫も同じにしないとダメみたいです。
なんかいいサプリメントないかなと、放浪の旅がはじまります。

5.サプリメントに走ってみる

膀胱炎には、クランベリーが良いらしいです。
クランベリーは尿を酸性に傾ける作用と、膀胱をキレイに保つ作用があるらしくて、ヒトでも膀胱炎を繰り返す人は、クランベリーサプリメントを飲んだりしてる方もいるらしいです。

これは病院によっては、処方してくれる病院もあるようです。

たぶん、ウロアクトが多いのかな?


コレ試してみましたけど、うーん。

そんで色々試してみました。液体のから粉状のから色々。でも、うーん。

な、中で、うちの子に合っていたのはこちらでした。

クランベリーチュアブル。
犬用と書いてありますけど、猫も大丈夫です。


ただ・・粒がデカい!!小型犬とか、まず無理な大きさです。
うちの三男は、大猫な上に、お薬飲み名人なので、まるっと呑み込めますが、顔の小さい女の子たちとか、半分に割らないと、まず無理。
半分でもどうかなってゆー。
外国のサプリメントは、なんしかデカい。
小さいと飲んだ気がしないからなんだろうか。

ちなみに、ウロアクトは小粒です。

クランベリーチュアブルの場合、そんなに膀胱炎がこじれてない場合は、1日1粒。
ちょっと粗相キてるねって時は、1日2粒飲ませていました。

処方食を食べさせずにコレだけ飲ませて数日後に尿検査をしたら、ストルバイトは消えていましたので、ストルバイトにも有効だと思います。

6.救世主現る

このクランベリーチュアブルで病院通いも減ったのですが、やはり春と秋・・発情の季節(去勢はしてあります)は、どうも調子が悪くなるようです。
お外のザワザワした雰囲気が、家の中でもわかるんじゃないかなって思ってるんだけど。

で、抗生物質と似た作用のサプリはないかと探した所、発見したのがこちら。

アニマルズアパスキャリー オリーブリーフ


ハーブのチンキです。
オリーブの葉を抽出した液体をグリセリンで安定させたモノです。
お味は、まずグリセリンの割と強い甘みの後に、オリーブリーフの苦みがお口に広がります。
にがっ!って人間でも思うのですが、味覚に敏感なネコたんに10滴ほどを薄めたものをスポイトであげると、うわっ!ナニコレ!!!みたいな顔とリアクションをします(笑)

オリーブリーフには、抗菌と抗ウィルス作用があるらしく、抗生物質の代用として使われているそうです。

で、実際に使用した所、抗生物質を飲ませないと治まらなかった粗相(そそう)が、なんと治まりました。
1回10滴を1日2回あげて数日で効果を感じました。

ほかの子にもあげているんですが、3歳にして歯がほとんど溶けてしまった末娘の毛はゴワゴワだったんですけど、毛艶が良くなりました。
miyabi-16.hatenablog.com

やはり口腔内トラブルもウィルスが原因なんだろうなと思われます。

ほんで、もう多頭だと、ウィルスやら菌やらは、全員に行き来しているだろうかと・・。

7.トイレの工夫

あ、あと三男は、オシッコをする時に、ぺったりとお尻を砂にくっつけてします。
オカラの猫砂を使用しているので、毛に砂がついたのを舐めても問題はないのですが、やはりこのオシッコ体勢に問題があるような気がします。
猫砂は、いくらちゃんと始末しているつもりでも、やはり雑菌は増えていくでしょうし。
底が見えたら全部捨てて、消毒して新しいのいれたり、マメに掃除はしてるんですけどねー。
で、小さい箱にペットシーツを折りたたんだまま詰め込み、一番上に普通にペットシーツをして、四隅をガムテで止めるペットシーツトイレ。
さらに、トイレの中にペットシーツを敷いて紙の猫砂を少しまいておいたもの。
これらを使うと、お尻をペットりつけても、とりあえず雑菌はつかないので、猫が嫌がらなければお勧めです。
あとスノコトイレもいいと思います。

8.粗相(そそう)の後処理-オシッコ匂い取りの救世主

まず粗相された布関係は、洗えるものは消毒してあらい、無理そうなものは、躊躇なく捨てる!
消毒剤については、これも色々試したところに、いきついたモノがあります。
もはや究極。ここまで完全に匂いが消えたのは初めての商品。
バイオ系もダメだったし、もう絶望しかなかった所に現れたこれも救世主

ただこれは、本来の使用法ではなく、下手すると主にこれを盛大に吸い込んでいる私は(マスクとか意味あるのかなぁ・・)いつかこれの中毒症になるんじゃないかというリスクを覚悟で使用しています。
あんまり書きたくないんだけどなー。
やってみよう・・という方は、くれぐれも自己責任でお願いしますm(__)m

それはね。強力カビハ○ター
青い方のやつです。
赤い方ではダメでした。

これを水と1対1か、水2に対して1くらいで薄めて使用。

例えば私の枕や、猫が寝床にしている猫用布団
自分の寝床では絶対にやらない。普段、仲の悪い長男か末娘の寝床でやります。
これは、膀胱炎の粗相もあるんだろうけど、嫌がらせも入っています。

で、布団や毛布でも割と薄めのモノには、この薄めたヤツを粗相部分にまんべんなくスプレーして、洗濯機に突っ込む。
しばらくしてから、カビ○イターの原液をボトル半分くらい洗剤の投入口に投入。「5分洗いのみ」をお水がタプタプのまま数時間放置。
この後、洗剤を入れて「5分洗い+1回すすぎ+5分脱水」
さらに、原液をボトル半分くらい投入して、再び「5分洗いのみ」をして半日ほど放置。
あとは、洗剤を入れて、すすぎは2回にして、普通に洗濯します。

これで大体は匂いは落ちます。
少なくとも、ヒトにはにおわない。
猫も匂わないみたいです。

さて、洗えるものはいいですが、例えば壁にスプレーをされた時
スプレーは膀胱炎とは、あまり関係ありませんが、膀胱炎でチンチン痛い→イライラするから嫌いなコイツラの寝床んとこでやってやれという感じで、やはりターゲットにされているのは、私のベッド周りや、長男、末娘の寝床周りでやるので、嫌がらせです。
スプレーは自分の方が強いからね!というアピールなので、くらえ!って感じなんだろうけどねぇ。

で、壁にもシュッシュ。これは、薄めない原液を使います。
スプレーは、オシッコに比べて匂いが強いので落ちにくいのと、下に垂れてって効果が弱まるので、泡のままでとどまる原液かけてます。

床にされた場合は、3/1か4/1くらいに薄めたスプレーをして、拭いた後、さらに水拭きをします。
猫タン達が踏んだら大変だからね。

ベッドマットにされた時は、2/1に薄めたヤツを大量に染み込ませました・・。

注意点としては、モノによっては色落ちします。
うちの夏用などの薄い生地のセンターラグは、もれなくまだら模様です。

そして、最初に書いたけど、人体への有害性。
スプレーしている時に、猫はそばにいなければ、あとは乾いていく段階で、次亜塩素酸の成分は飛んでいくので、猫は大丈夫・・だと思うんだけど、人間は、直でスプレーした霧を吸い込んでいると思うので、いつか何かヤバいかもね。
私の風邪は、鼻からなの、これのせいもあるのかなと思ってます。

そんなリスクストレスよりも、洗えばキレイになる、かければ匂いが落ちる。という事で気持ちがずいぶん楽になりました。
ほんと、ノイローゼになりそうダタヨーーーー!

花王さんには、ぜひ、猫用のオシッコ消臭剤を作って欲しいです。
赤のはダメなの。青だと大丈夫なの。
その辺が何かヒントにならないだろうか!
開発に成功したら、超売れると思いますヨ!!(笑)

9.追記の注意点 乳酸菌との併用

オリーブリーフは「殺菌作用」があります。
抗生物質もそうですが、殺菌するというのは、善玉菌も悪玉菌もすべての菌を殺してしまうという事です。
なので、乳酸菌と同時にあげてしまうと、せっかくの乳酸菌が死んでしまうので、私は両方与える時は、半日ほど時間をあけてます。

ちなみに、今も流行ってるのか知らんけど、マヌカハニーも殺菌作用が強いみたいですが、これも、もれなく善玉菌を殺してしまいます。

※マメ知識
 人の場合ですが、病院で抗生物質を処方されたら下痢をしやすい人や、カンジダになりやすい人は「ビオフェルミンR(アール)ください」と先生に言ってください。
ビオフェルミンRは、唯一、抗生物質に対して対抗できる耐性乳酸菌です。(市販されているのはビオフェルミンSです。これは耐性ないです)
ほとんどの場合は、言わないとくれないので、ご参考までに。

10.統括

結局、全然、簡潔にまとまらなかった(いつものことだ)

ほんとね、もう本気で捨ててやろうかな、こいつ。と思ったことも正直ありました。

「オマエーなー!かーちゃんじゃなくて、平気で猫を捨てる無責任なヘンな飼い主やったら、もうとっくに捨てられてんで!!」
と、怒鳴ったりもしました。
それくらいひどかった・・。

生後2か月で拾ってから、一度も外に出たことがない子です。
ビビりで・・小心者の性格ゆえ、ストレスもほかの猫よりも多くて、再発しまくっているのかもしれません。

本人は・・本猫には、罪はないんです。
これも飼い方が悪い、飼い主のせいなのよー。

次男猫が育ててくれたので、人間にはあまり懐いてないんですが、それでも目の前でゴロンと転がって、おなか出して「ボク可愛いでしょ」という視線を投げてよこすこの子は、悔しいけれど!本当に、可愛いんだよなぁ。見た目が(笑)
ヤマト急便さんの♪小さい箱小さい箱ちーさい箱♪のCMの黒猫に、びっくりするほど似ている。

毎日、不味いサプリ飲まされて、でも本人もわかってるみたいで、さして抵抗せずに、すんなり飲んでくれているので、これは完治する事は、ないんだろうかな・・と思いながら、この病気と上手に付き合っていきたいと思います。

同じようにお悩みの飼い主さんで、まだ脱出できていない方も、どうぞ猫の為に頑張ってあげてください。

そう、私たちは猫の下僕(げぼく)なのですから!(笑)

たまったストレスは、上手に発散してくださいね。

ここに辿り着いた方のストレスが軽減されますように
f:id:miyabi-16:20161003062026p:plain


LINEスタンプ発売中です。
よかったら覗いてみて下さい。(アプリはコイン、ストアは現金で購入いただけます)

store.line.me

#猫の膀胱炎 #猫のストルバイト #膀胱炎に良いサプリメント #ストルバイトに良いサプリメント #猫のオシッコ消臭方法

ブログ内の画像の無断転載はご遠慮ください。©miyabi