みやびあん

LINEスタンプ販売中です。LINEスタンプ関連や、日常のどうでもいい話をぶつぶつ言います。たまに、胡散臭い話もします。

映画:ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス IMAX 3D版 ネタバレ感想

2017年 5月公開 アメリカ

5/22 ユナイテッドシネマ岸和田 IMAX 3Dで鑑賞。
これは!!絶対に!!3Dで観るべきやつですた!
前作を超えてきたという稀なパターンです。

前作感想
miyabi-16.hatenablog.com

前作を観てない友達に「絶対に面白いから観て!ほんで2を劇場でIMAXで観よう!」って無理やり誘いました。

「観た。おもろなかったー」

まぢで!?Σ(゚д゚lll)ガーン

「でも暇やから行ったてもエエで( ̄ー ̄)ニヤリ」

と言ってた友達も大絶賛してました。ホント。

・・確かにWOWOWで録画したやつを見返したんですが、何度見ても面白い映画という訳ではないかもしれない(笑)
一発勝負!

あらすじ

アベンジャーズ」シリーズに代表されるマーベル・シネマティック・ユニバースの一作で、お尋ね者たちが成り行きでチームを結成し、銀河の危機を救う羽目になる姿を描いたアクションアドベンチャーガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」のシリーズ第2作。スター・ロードを自称するいい加減なリーダー、ピーター・クイルを筆頭に、美しき暗殺者のガモーラ、毒舌なアライグマのロケット、樹木型ヒューマノイドで25センチまで再生したグルート、マッチョな破壊王ドラックスのガーディアンズの面々が、新たな危機に直面し、再び強大な敵と立ち向かうことになる様を描く。高慢な指導者アイーシャが率いる黄金の惑星で、小遣い稼ぎの仕事をこなしたガーディアンズ。しかし、ひょんなことからアイーシャを怒らせてしまい、追われる身に。危機に陥った彼らの前に、ピーターの父親だという謎の男エゴが現れるが……。クリス・プラットゾーイ・サルダナら前作からのキャスト陣に加え、ピーターの父エゴを演じるカート・ラッセルのほか、シルベスター・スタローンも参戦。監督・脚本も前作と同じジェームズ・ガン
映画.comさんより引用

ネタバレ感想

まず・・まだ観てない、これから観るつもりっていう人はすぐ閉じて!!逃げて!!!!!
これはネタバレしちゃダメ、絶対。

いいですか?いっちゃうよ。

まずね、オープニングからグルートが・・・・かぁわいいいいいいいい!!!!


グルートに胸キュン!『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』特報

もう全編にわたって可愛かったよね!
ベイビーグルートのフィギュア欲しい・・てちょっと思った。

映像美も相変わらず素晴らしいし、何よりストーリーが!
これは、最初から2ありきで前作から作られたなって感じ(知らんけど)で、行き当たりばったりではないです。(たぶん)
コレ当たったら次を作ろう。ではなく、もう作られる事が決定してるから安心して風呂敷広げときましたよ。っていう感じで、その風呂敷もキレイに畳んでくれました。

まず、主人公のピーター・クイル(クリス・プラット)は前作でオーブという特殊な球体(普通の人が触ると粉々になる)に触っても死ななかったという時点で、タダモノではないという伏線が張られていました。

そらそうだ!だってお父さん、神様(カート・ラッセル)だったんだもん!
神様ではないと否定はしてましたが、まぁ惑星とか創造できちゃう存在。
それがなんと悪役だったとは!!!

それで悪役だと思ってたヨンドゥに、まさか泣かされるとは!!

神様(役名はエゴ)に、地球にいる自分の子供を連れて来てほしいって依頼を受けた泥棒集団(ラヴェンジャーズ)のヨンドゥは、エゴにピーターを引き渡さずに、自分で育てます。
それは「チビは狭い所に入って盗みができるからだ」とピーターにも子分たちにも言ってました。

前作でも今作でも子分がヨンドゥに「親分は、ピーターに甘い!」というセリフが妙に耳につくな、とは思っていたんです。

けどそれは、エゴからピーターを守るためだったとは!って所でまずビックリし、人身売買は絶対にしてはいけないというラヴェンジャーズの掟に逆らったという事で、親玉のスタカー(シルベスター・スタローン)から
「お前にはラベンジャーズの光は与えない」というセリフがありました。

途中、子分の反逆に合い、ロケット(アライグマ)と一緒に牢に入れられて、脱出した当たりから、あれ?ヨンドゥ妙にカッコよくない?って思ってたらー。

f:id:miyabi-16:20170807045529j:plain
マーベル公式サイトよりお借りしました

まさかの。エゴから守るために渡さなかったとか、最後はピーターをかばって死んじゃうとか。
もーこんなベタなんにやられちゃうとは!

ほんで、ラヴェンジャーズの光って何?って思った伏線が最後に!

ヨンドゥの葬儀で宇宙にキラキラキラーってヨンドゥの灰?がそれはもうIMAX 3D版ではフレームアウト(スクリーン上下の黒い部分にはみ出す)してキラキラーってしたと思ったら、一列にならんだラヴェンジャーズの船から花火?みたいな光が!
これか!これがラヴェンジャーズの光か!!たぶん最高の栄誉なんだっていうニュアンスだったから・・。
おまえにはやらん!て言われてたのに、良かったね!!って泣いたよね!!!!

という訳で、せっかくガーディアンになれたのにもうヨンドゥいないのかーって悲しいけど、もー本当に楽しかった。

これを超える続編は無理やろーと思うけど、また観に行きます。
あるよね、次回作!たぶん!だってマーベルだもん!!

f:id:miyabi-16:20170807051502j:plain
グルートの声の出演は、英語版でも日本語版でも引き続き、ヴィン・ディーゼル遠藤憲一さんでしたが、遠藤さんのインタビューがおもろかったです。
「(子供の声とか)無理だよ。」って断ったらしいんだけど「機械で変えるから大丈夫です」「じゃー俺じゃなくてもいいじゃん」(笑)
ヴィン・ディーゼルもそう思ったかもしれん(笑)
ちなみに遠藤憲一さんのキャストはグルート(大人の方)に似ているから、だそうで確かに似てる(笑)


LINEスタンプ発売中です。
よかったら覗いてみて下さい。(アプリはコイン、ストアは現金で購入いただけます)

store.line.me

ブログ内の画像の無断転載はご遠慮ください。©miyabi